Ubuntu 12.04 LTS Precise Pangolin で Dtrace for Linux

ZFS on Linuxのついでに、Solarisで使えるDtraceをUbuntu 12.04で使えるようにする手順です。
ZFS and DTrace running on Ubuntu Linuxの手順に沿ってインストールします。

Step1:準備

試したバージョン・いるもの

  • Ubuntu Desktop 12.04 64bit版をインストールした環境
  • gitがインストールされて無い場合は事前にインストール

素のままだとbuild-essensial,zlib1g-dev,bison,libc6-dev,libelf-dev,libdwaf-devあたりもインストールしておく必要があります

Step2:インストール

gitで使うディレクトリを作成し、cdで移動してgit cloneでdtrace4linuxのソースをいただいてきます。

$ git clone git://github.com/ShepBook/dtrace-for-linux.git

(gitの9416/tcpを通さない社内学内のproxy越えは”git clone http://github.com/ShepBook/dtrace-for-linux.git”とするといいかも)

出来てるdtrace-for-linuxのディレクトリに移動してmake allでビルドします。

$ cd dtrace-for-linux
$ sudo make all

エラーなく終了したらmake installでインストールします。Solarisと同じに/usr/sbin/dtraceにインストールされます。

$ sudo make install

DTrace の kernel module を make load で反映します。

$ sudo make load

これでインストール完了です。

Step3:お試し

とりあえず試しに…といった場合は

BEGIN {
trace("Hello, world!!!");
exit(0);
}

をhello.dに保存して、

$ sudo dtrace -s hello.d

すると、以下の感じに結果が表示されると思います。

dtrace: script 'hello.d' matched 1 probe
CPU     ID                    FUNCTION:NAME
  1      1                           :BEGIN   Hello, world!!!

あとは、Dtraceについて検索して出てきたページを参考にどうぞー。
そもそもLinuxでDtrace?だからなに?って感じですが、いいんです。いえあ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください