Allied telesis CentreCOM GS924M のパスワードをリセットしたい!

オークションで購入したAllied telesis CentreCOM GS924Mが初期パスワードでログインできなかったため、工場出荷状態にリセットした件。(FAQによると正規な方法は有償で初期化しかない模様)
定番の電源投入時にS押しっぱなしで初期パスーワードでのログインが出来なかったのでメモ。

コンソールポートにRS232のシリアルケーブルを接続して、9600bps, 8bit, parity:none, stopbit:1, flowcontrol:noneの設定で接続。
電源投入時にCtrl+Cを押しっぱなしにするとCFEブートのプロンプトで入力出来るようになるので、factresetと入力してEnter。
*** command status = 0が帰ってきたらbootと入力してEnter。
Returned to the initializeation.で止まったら、Enter。
そしたら例の初期パスワードでログイン出来ました、とさ。

CentreCOM GS908M/916MとかGS908M/916M/924M v2とかも同じ方法でリセット出来るかも?

2012/05/27追記
最近アクセスされてるなーと思ったら、ジャンクやらで買いやすくなっているようで。
この方法でリセットできた他の機種があったら教えてください!!!

nvram CRC: computed c3, stored c3

CFE version 1.1.0 for GS900M Series (32bit,SP,BE,MIPS)
Build Date: Mon Sep  5 12:09:36 JST 2005
Copyright (C) 2000,2001,2002,2003 Broadcom Corporation.

Initializing Arena.
Initializing PCI. [normal]
Initializing Devices.
CPU type 0x29006: 200MHz
Total memory: 0x2000000 bytes (32MB)

Total memory used by CFE:  0x81F72000 - 0x81FFF7E0 (579552)
Initialized Data:          0x81FBB7AC - 0x81FBC900 (4436)
BSS Area:                  0x81FBC900 - 0x81FBD7E0 (3808)
Local Heap:                0x81FBD7E0 - 0x81FFD7E0 (262144)
Stack Area:                0x81FFD7E0 - 0x81FFF7E0 (8192)
Text (code) segment:       0x81F72000 - 0x81FBAAFC (297724)
Boot area (physical):      0x01F31000 - 0x01F71000
Relocation Factor:         I:E2372000 - D:E2372000

Automatic startup canceled via Ctrl-C
CFE> ^C
CFE> factreset
*** command status = 0
CFE> boot
Loader:elf Filesys:raw Dev:flash1.os File:vmlinux Options:(null)
Loading: 0x80002000/2170880 0x80214000/208928 Entry at 0x80002474
Starting program at 0x80002474
init started:  BusyBox v0.60.5 (2004.08.27-17:28+0000) multi-call binary

Problem occurred in configuration area.
Returned to the initializeation.

login: manager
Password: ******
Allied Telesis CentreCOM GS924M Ethernet Switch
Ethernet Switch Software: Version 1.1.0
MAC Address: xx-xx-xx-xx-xx-xx
Running 31secs

Manager >

CFEブートでは、clock, fprobe, envdev, test, nvram, set, loop, factreset, flash, f, e, d, u, reserve, autoboot, batch, go, boot, load, save, ttcp, tcp, rlogin, ping, arp, ifconfig, show, unsetenv, printenv, setenv, helpなコマンドが利用できるみたい。使い方はわからないけど。

SolarisのFTPサーバでファイルの一覧が取得できない件

タイトルが変だけど、遭遇した人にはわかるはず。
クライアント側でファイル名の一覧が取得できなかったり、タイムスタンプが化けたりといった件。
例によって、毎回はまるのでメモ。

LANG環境がUTF-8で、UTF-8に対応していないツールではファイル名が表示されないらしい。
FTP環境のLANG設定をrootで以下のコマンドにより変更すると解消する。

# svccfg -s ftp setenv LANG C

以下のコマンドでja_JP.UTF-8の元の環境に戻る。

# svccfg -s ftp unsetenv LANG

Solaris9とかの場合は/etc/inetd.confのftpの行を書き換えるといいらしい
http://kb2.adobe.com/jp/cps/228/228596.html
before)ftp stream tcp nowait root /usr/sbin/in.ftpd

after)ftp stream tcp nowait root /usr/bin/env env LANG=C /usr/sbin/in.ftpd
ファイルを保存し、inetd に HUP シグナルを送る( >kill -HUP ##(inetd のプロセス番号)、もしくはマシンを再起動させ、設定を適用。